先日VJマミヤさんの企画で開催されたドミノピザを頼んでコラボしているミクのアプリを楽しもうというイベントがきっかけてで、どこでもミクと写真を撮れるアプリをインストールしたアニソンDJカフェ・バー雷神の店長Linzoo(りんずー)です。

 

 そんな訳で最近は電車の中でいつもミクの写真を撮ってはTwitterでアップしたりしてますw

 IMG_0953 IMG_0954

IMG_0955 IMG_0958 IMG_0959 かわいかろぉ~~w

 

 先週もイベントラッシュで沢山のDJさんとお客さまにご来店頂いたアニカフェ雷神でございました。

 時間のあるときは、できるだけイベントで収録したDJさんのUstream動画などの感想もBlogへ入れていくつもりでおります。

 すこし土曜日のSaturday Anison Bookを振り返ってみましょう~♪

 このイベントは、煉獄さん仕切りのイベントで雷神がオープンして一番最初に決まったイベントでした。毎月のペースで、ほぼレギュラーイベントとなっています。

 毎回10人以上のDJさんたちが次々とチェンジしながら6時間以上つづくロングイベントなのです。

 この雷神公式サイトの右下のカラム 雷神ライブのリンクから録画もご覧になれますヽ(^。^)丿

 最近すこしずつ解ってきたのですが、こういったイベントはDJさんだけが有名でも、店だけが有名でもお客様は集まらないようです。

 DJさんの人気+お店の人気ではじめて成功するもんなのだと感じています。

 そういう意味ではDJさんとお店は一心同体と言っても過言ではないのかもしれません。

 Saturday Anison Bookも回を重ねるごとに動員数も増え、次回がまた楽しみです。

 

 そして日曜日には、午後の紅茶風イベント、「午後の貴亮」雷神のオフィシャルDJ 貴宮亮一さんが様々なテイストで曲をかけて日曜日の午後を爽やかに彩りますw

 DJイベントも、いろいろなスタイルがあるもんです。Linzooもいろいろなイベントを勉強しながら、どんなイベントが雷神に向いているのか?一生懸命研究中でありますw

 

 いろいろといえば、月曜日に開催したこのイベントも・・・

 

 今回で2回目となった、「祝日にアナログゲーで遊ぶ会」です。 Amakazuさん主催のこのイベントは、非電源系ゲームというジャンルでも呼ばれるボードゲームやトークゲームといったものを集まって遊ぼう!というもの!

 顔色を見ながらの駆け引きは、やっぱり楽しいもんですw 

 IMG_0985

今回もAmakazuさんが奮発して購入してきたゲームの数々w どれをやればいいんだあ~!wと、思わず叫びそうになるほどいっぱい買ってきちゃうんですあの人w

 IMG_0971 

そんな沢山のゲームの中から、今回私がお伝えしたいのは「手触り」です。

 手触りとは、ゲームの箱とか、その中に入っているコマとか、サイコロ、カードなどを触った時のワクワク感のことです。

下の写真は「ワンナイト人狼」という一晩で勝負する人狼ゲームなんですが、箱がちっこくてまずいい感じです。

 さらに中身を見てみると、手の中にいれてくるくる回したり、いじり回したくなるようなサイズのカードが入っています。

 IMG_0975 IMG_0976

 さらに「街コロ」というゲーム、これも箱の角が適度に丸くてやばいですw なでくりまわしたくなりますw

 中身を見ると、木製のオリジナルサイコロとか! ワクワクしてくる柄のカードの数々。

IMG_0981IMG_0979 

 ボードゲームを作る人の思いが伝わってきます! ほ~ら、箱を手に取っただけでこのゲームをしたくなっちゃうでしょぉぉ~♪ なるほど、ゲームのシステムとルールだけ作って箱に詰めればいいって訳じゃないんですね。 なんか、そういうことを凄く感じました。

 IMG_0984IMG_0983 

 今回の前半で会場を一番沸かせていたのがこの、キングオブトーキョーでした。 やはりこれも、オリジナルの大きなサイコロを7個ぐらい一度に振りますが、手に7個を持つと・・・それだけで、なんか気持ちいい!

 手触りって大切なんだなぁ~って、すこしは伝わったでしょうか?w

 

 こちらのイベントも次回の祝日を見計らってまた、開催しますので是非興味のある方はご来店くださいませ。ヽ(^。^)丿

Posted in 日記
linzoo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>