今月は予想外の天井工事で振動ドリルやら脚立やらの購入があったりと、整えねばならない設備もまだ山ほどあるというのに・・・じり貧生活がまだまだ続きそうなアニソンDJカフェ・バー雷神の店長Linzoo(りんずー)です♪

 茜のDJデビューに伴い、どんな機材で覚えさせるか? 当然ある機材をそのまま使うのが一番安上がりだろうということで、CDJとDJMのセットをUSBメモリーに楽曲をいれて覚えてもらうことにしました。

IMG_1152 IMG_1151 IMG_1152

ところがこれだと問題も多い~というのは、CDJはパイオニアのくせに日本語の曲タイトルが表示できないのです。

Song >>????・????????? って何だかわかんね~っつ~のw

しかも曲を表示する行が1行しかない・・・ありえねぇ~~こんなので、何十曲も入ったCDで目標の曲を高速でHITさせるのは不可能です!

まあ、いわゆるセットリストをがっつり組んでUSBに振り分けていれておくという仕込みが必要なうえに、状況が変化しても対応ができない仕組みになっていたりします。

 

素人の私から見てもアニソンやるには不向きというか、時代遅れな機械であると言わざるを得ません。

 

 まあそこでTraktorなのですがw 

traktor33-screen-0621

 

 PCDJってやつですね、何が便利って楽曲がPCの画面にちゃんといっぱい出るし、デッキを4つに増やしてマッシュアップもできる。

azusatraktor

Traktor自体はソフトをオンラインでも購入できるし、たしか15,000円程度だったと思いますが、さすがにマウスだけで全操作をやるのは難しい!Azusaはマウスだけでやっているのだろうか?

 

出てきたのでついでに解説しておくと・・・DJ AZUSAとはLinzooの最終兵器で、まだ秘密のベールに包まれている女ですw 今の雷神の主力は茜ですが、こいつは出てくればそんなもんじゃないですw

1年後か数年後かもしれませんが、いつかご紹介出来る日が来るでしょう~♪

 

そこでコントロールユニットを皆さん購入なさるわけですね~

Traktor-Kontrol-S420120410105343-3

これがCDJとDJMの変わりとなります。右は、インターフェースらしいです。皆さんこの一番右の四角い箱を持って来ますね。

かがみんに何度も、この箱の機能を説明してもらいましたが、未だにいまいちわかりませんw

このユニットがあれば、店のCDJは使いませんが、DJM900Nexusを通してエフェクトだけかけるのに使ったりしているようです。

 

 でもせっかく店にCDJあるんだし、Traktorと組み合わせて使えないワケ?って思うわけですよ!

 そこで登場するのがDJ煉獄さんスタイル!

 雷神の機材の場合はCDJ350もDJM900NexusもUSB接続が可能なので、TraktorをインストールしているNote PCとかのUSBに3本以上USBが刺せるハブを噛ませてCDJ2台とDJM1台の合計3台をUSB接続するという手があるらしいです。

 そうすると、店のCDJとDJM900ミキサーでPC上のTraktorを扱うことができるそうです。

 

 当然Note PCなので、音声出力はミニプラグで1個しかありませんから、そこでさっきの一番右の小さな箱が必要になるんじゃないか?と思いますw

 まちがってたら、ごめんなさいw たぶんあれは音声インターフェースで、本線とヘッドフォン用に音声ラインを2本にして出すツールなんではなかろうか?

 

 結論を言うと、雷神でTrakorでDJする時に必要なもの

① 3本繋がるUSBハブ(店にもあるけどね)

② USBケーブル3本(店にもあるけどね)

③ 音声インターフェースボックス

 以上3つが揃えばマウスに頼らず、機材も持ち込むことなくNote PCだけ持ってくればDJができる?

 ことになる・・・と、思うw 間違ってたら、あしたのBlogで訂正します(><

 

 いつもながら見てて思うのが、DJさんたちの持ち込む機材の多さです。毎回あれだけの荷物を持って歩くのは大変だろうと思いますので、この記事が参考になって機材がすこしでも減ればいいなと思っております。

 

 アニカフェ雷神

Posted in 日記
linzoo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>