うたプリPart1では、VJを勤めたアニソンDJカフェ・バー雷神の店長Linzoo(りんずー)です~7月6日の土曜日に開催された女子が高まるアニクライベント「うたの☆プリンセスさまっ!」が大成功に終わりました♪

  店内は満員~DJブースの前は、踊り狂う多数の女子! 課題をいくつか残すものの大成功でした。

uta puri 2

 このイベントは雷神がオープンして、この半年で蓄積した力すべてを注ぎ込んで組み立てたイベントなので絶対に失敗できないものでした。

 アルバイト店員あかねに、少しずつ少しずつDJの魅力をすり込む作業から始まり、Ust雷神TVにちょっとだけ出演させて、どれだけ喋れるか?どれぐらいあがるのか?調子を見ながら進めてゆく作業を地道につづけてきました。

 常連さん用に懐かしい過去Blogを紹介 

  「茜カット増やす方向でw」 ここでもハッキリ予言しております私w

 

 DJ自体を初めてからはまだ2ヶ月程度ですが、そこまで持って行くのに結果4ヶ月かかったことになります。

  その間にベテランDJさんたちからご意見を頂き、DJブースを拡張しつつ、VJと横に並べるように改良したり、私自身がDJとはなんぞや?という問いに対して自分なりの答えを探す作業もしました。

 お陰様でオープン以来で、お知り合いになれたDJさんの数は当初想像していた人数の遙かに数倍を超えるものだったので、それぞれ違った個性をお持ちのDJさん方に囲まれ、たくさんの勉強をさせて頂くことができました。

utapuri1_3

 そして最後にDJとはなんぞや?という問いに答える時が来ました。

 難しい問題ですが、この問題の一つの答えとして私が選んだのが茜とToriさんで「うたプリ」をやる!でした。

 それだけに、私も内心ドキドキで迎えた当日・・・まさか、茜があそこで号泣するとは思っていませんでしたが、私が知らず知らずのうちに彼女に対してプレッシャーを激しくかけていたことも、原因の一つなのかもしれません。  

号泣中のあかね監視官

akane linzoo utapuri 1_2

 アルバイトの店員に店の命運をかけたイベントの重圧を乗せる訳ですから、それはそれで私もチャレンジャーなのかもしれませんが、本人はたまったものではなかったでしょうw

 ご存じのとおり茜が、本業をプロダンサー団体に身を置いているダンサーで、人前に出ることや音楽理論やダンスなどを通してエンターテイメントに対して特別な教育を受けていたことが幸いしたのだと思います。

 彼女は雷神という店がまだ廃墟のような箱だったころに、私が作って店の前に貼っていたアルバイト募集を見て、たった1人電話をしてきた子でした。

 どこまでも、私はやはり運がいいw 神様に感謝であります。

 

 いっぽうToriさんは、最初お客様として来店されました。とても人なつっこい性格とフランクな態度で好感を持ちすぐに顔を覚えました。

 ギタリストさんでDJにも興味があるとのことでした。

 それから数ヶ月、雷神のDJ練習会で何度がお会いしながらその成長を見守っていました。

 そんなある日、彼が遂にDJプレイをすることになり拝見。 そのパフォーマンスの良さに一目で惚れ込み、その場でスカウト!

tori 2

 なるほど、これはギタリストの動きじゃんw 人生何がいつ役に立つのか解らんもんですたいw

 DJとしての技術はマダマダでも、料理だって100回おなじモノを作れば誰だって上手くなります、技術なんてそんなもんです。

(そうあなたも、その理論を元に私が作った雷神バーガーを美味しいと言って食べているのですよ!w)

tori 1

  大切なのは表現力!そう思って彼を選びました。

 

 結果的に、デビューしたての二人が揃ったわけで、決してわざとそうした訳ではないのです。

 

 ということで、長くなりましたがこんな二人にはまだファンは誰もいません。 今回の私のお話で二人に少しでも興味を持ってくださった方がいらっしゃれば幸いだと思いつつw 次回の告知をさせて頂きます!w

 

  「うたの☆プリンセスさまっ♪Part2」 8月3日土曜日 20:00~22:00~アフターあるかも・・・

    

   どうぞよろしくお願いしま~~す! Linzooも懲りずにまたVJとして微力ながら場内を盛り上げようとダンスを茜に習っておきますので、Linzooのファンになってもいいですよ!!w

 

 アニカフェ雷神

Posted in 日記
linzoo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>