対魔導学園35試験小隊

1話を見て他の作品よりも「骨がある感」があったので頭ひとつ抜けてますねと、皆さんにオススメしていたアニメの2話見ました!

戦闘シーンのカット割りがかっこいい!
細かなカットの中に確実に本人のアップが短く入って動きの流れを遮るのだけど、それでいてキャラがどう今動いてるのかを見失なわせない。
見てる人に空間把握をさせてくれる広い絵が上手く挿入されているからなのかな?

春アニメの「ダンジョンに出会いを求めるのは間違いだろうか?」や、
さらに前の「棺姫のチャイカ」などの戦闘シーンも素晴らしかったですが、それに並ぶ良さがあります。
止まった絵と動いてる絵をバランスよく使っています。

止まった絵は、動く絵よりも力が無いです。
だからそこをどうカッコよく描いてくれるか?が楽しみなのですが・・・
35試験小隊を含め上に紹介したアニメ作品はそういう絵も、アオリの絵やパースをデフォルメした絵でしっかりと楽しませてくれます。

これは私はかなり好きなタイプの戦闘シーンでした! もし35試験小隊のこのシーンが好きなら、「ダンまち」でベル君がミノタウロスと戦って1人で倒すシーンと、「棺姫のチャイカ」でトールとアカリが戦うシーンを見返してみてください!きっと興奮すると思います♪

でわでわ~

Posted in 日記
linzoo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>